新築のマンションの購入ガイド

逆の立場になって考えてみましょう。
住宅営業にとって、一番の勝負所は展示場での接客です。
ここでの接客の良し悪しでほとんどの契約が決まってしまうと言われてるぐらい重要なのです。
ほとんどのお客様は軽い気持ちで、わくわくしながら展示場を廻られることと思いますが、上手く説得されて、すぐさま契約という事態だけは避けたいものです。
営業と言うと、ノルマに常に追われている、口が上手い、しつこいというイメージがありますが、一般的に売れる営業マンは聞き上手で、非常にいい人柄の持ち主です。
相手は神経を尖らせて、よくあなたの話をきいてくれ、あなたの良き理解者となってくれることでしょう。
その時です。
一瞬でもその営業にあなたが心を許せば、営業マンすかさず契約への反撃に出ます。
あなたはすでにこの営業マンをいい人だと思っている訳ですから、素直に相手の提案を聞き入れ、 『この営業さんはこんなに私たちのことを思ってくれてる』 、 『こんな営業さんなら契約してもいいかな』 と思うでしょう。
しかし・・・・ はっきり言って早すぎます!  確かに、営業さんはあなたの家づくりにおいて非常に重要なポイントです。
もし契約したら、今後30年はずっとお付き合いをしていくわけですから、真面目で正直な人でなければなりません。
ただ、家というものは、住宅展示場で二時間程度話したぐらいで決定できるほど簡単なものではありませんし、貴方が毎日一生懸命働いて貯めたお金、プラス何千万という住宅ローンを組んで購入するわけですから、ここは感情を抑えて、冷静になりましょう。
住宅展示場で良い印象が残った営業マンはあくまでメーカー選びの1要素として考えまょう。
営業マンだけでメーカーを決めてしまうのは、賢くありません。

新築のマンションを購入された方が、いざ入居する前のチェックの際に、クロスの切れや扉が開きづらい、歪んでいるなどの不具合を発見されることがあります。
そんなとき、今まであった信頼感などなくなり、ここまでチェックができていない施工者や監督が工事が進んでいるときに確実にチェックをしていたのかも不安になるのは当然です。

建築士や施工管理技士などは、一度試験を受ければ免許が与えられます。ただ、その免許を取ることを目的にする方が非常に多く、よってその資格の重みと責任について鈍感な方が多いのです。
建築基準法などの法律は年々少しずつ変更されており、常に新しい法律に則って設計や現場の監理を行う必要があります。
この建物を購入した方の不動産をしっかりと価値のあるものに作り上げ、その場所で笑顔で生活をして頂くという責任をまっとうできる人や会社が増えない限り欠陥の問題は減っていくことはないでしょう。

もし、少しでも不安がある場合は、信頼できる第三者の建築士などにご相談ください。

jimwaltz.net

| コメント(0) | トラックバック(0)

Use the search box above or the links below to search the Web for your
favorite subject. Whatever you're looking for is just a few clicks away!

  • Ballroom Dancing
  • Last Waltz
  • Dancing
  • Polka
  • Dances
  • Rumba
  • Dance Lessons
  • Two Step
  • Foxtrot
  • Gundam Wing Endless Waltz
  • Dance Instruction
  • Dance Videos
  • Gundam
  • Gundam Wing
  • Coast Swing
  • Cha
  • Ragtime
  • Ballroom Dance
  • Learn To Dance
  • Wedding Dance
  • Endless
  • Latin Dance
  • Merengue
  • Fox Trot
  • Argentine Tango
  • Scorsese
  • Waltz
  • West Coast Swing
  • Ballroom
  • Maui Jim
  • Maui Jim Sunglasses
  • Jim Rohn
  • Jim Thorpe
  • Viennese Waltz
  • Jim Carroll


欠陥住宅 リフォーム 大阪 リフォーム 大阪